歯周病(歯周内科治療)

歯周病とは、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)から侵入した細菌により
歯肉に炎症が起こり、さらには歯を支える骨が溶けて
グラグラになってしまう病気です。

歯周病

こんな症状はありませんか?
1つでもチェックがつく方は、一度診断を受けられると良いでしょう。

歯周病セルフチェック

・歯を磨くと歯ブラシに血が付く
・歯茎に赤くはれた部分がある
・冷たい水を飲むと歯や歯茎がしみて痛い
・口臭が気になる
・歯がグラグラする、噛みにくい
・歯と歯の間に物が詰まりやすい
・歯が以前より長くなったように見える
・朝起きたとき、口の中が粘っている感じ
・歯茎から膿が出たことがある
・歯茎の周りに歯石がついている


歯周内科治療

ひばりの森歯科は、「歯周病原因菌 遺伝子診断認定歯科医院」です。
これまで、歯科医院で一般的な歯周病の治療を行い、自宅はでは一生懸命に歯磨きをしていても、状態があまり改善されないケースがあります。
炎症が治まらず、歯肉が腫れる、出血がある歯がぐらぐらと動揺する、口臭が気になる・・・といった症状でお困りの方などに新しいいアプローチとして、お薬で改善を目指す方法があります。

歯周内科治療では、外科的な手術をせずに、精密な検査により、悪さの原因となる細菌の状態を詳細に診断し、お薬の力などを利用して菌を減らしていきます。
医療法人社団メディカルフォレストひばりの森歯科は、国際歯周内科学研究会会員として歯周内科治療に取り組んでいます。

また、歯周内科治療は、歯周病だけではなく「歯原性菌血症」に有効とされています。
歯原性菌血症とは、細菌が口腔内の傷口から血管内に侵入する現象です。
お口の中の細菌は血管内に入ると内膜に、どろっとした柔らかい沈着物として溜まっていきます。これが厚みを増し、血管の中のこぶをプラーク(粥腫)と言い、プラークができた状態が粥状(アテローム性)動脈硬化と言われているものです。
歯周病は、お口の中が腫れる、血が出る・・・といった「誰でも持っている軽い病気?」と考えられていることが多いのですが、実は全身に影響を及ぼす重大な病気と考える時代になってきています。

歯周病菌
歯周病菌
歯周病菌



動脈硬化などの血管系の病気
・心臓の病気・肺炎などの呼吸器疾患・早期低体重児出産・糖尿病
・動脈硬化などの血管系の病気
・心臓の病気
・肺炎などの呼吸器疾患 
・早期低体重児出産
・糖尿病 など


歯原性菌血症の原因菌除菌治療の流れ

1回目

ご相談

2回目

口腔内細菌DNA検査①と書類手続き
歯原性菌血症の原因菌のDNA検査
(リアルタイムPCR)

3回目

検査結果の説明と投薬

4回目

顕微鏡検査とクリーニング

5回目

除菌後のチェックとクリーニング

6回目

口腔内細菌DNA検査②

7回目

検査結果の説明と今後のメンテナンス

歯原性菌血症の原因菌除菌治療の流れ

治療例

70代女性 
「朝起きると、お口の中がネバネバし舌が白くなっていることがある」

除菌治療例

細菌DNA検査
細菌DNA検査


治療費

歯周内科除菌治療 (保険外診療)  一式 96,000円(税別)
詳しくは、歯科医師、スタッフにお尋ねください。

※ひばりの森歯科は、国際歯周内科学研究会会員です

国際歯周内科学研究会会員

お気軽にご相談ください

東久留米駅 西口 より徒歩6分です

医院名
医療法人社団メディカルフォレスト
ひばりの森歯科
診療時間
平日 9:00~13:00 14:30~19:00
土日 9:00~13:00 14:00~17:00
往診日
随時
休診日
祝日、日曜日隔週

ひばりの森歯科に電話する

Back to Top

ひばりの森歯科に電話する