桐生厚生総合病院「市民公開講演」で講演を行いました(東久留米市 ひばりの森歯科)|東久留米市の歯科医院|ひばりの森歯科

予防から
訪問診療まで対応

東京都東久留米市本町3-9-16
エクセレントスクエア1F

桐生厚生総合病院「市民公開講演」で講演を行いました(東久留米市 ひばりの森歯科)



こんにちは、医療法人社団メディカルフォレストの事務局です。

去る2019年2月2日、当院の篠田院長がと題し、日ごろの臨床経験、これまでの研究活動を総括した内容で、多くの市民の方に微力ではありますが、有益な情報を届けさせて頂いたのではないかと思います。

ご存知の通り、ひばりの森歯科では、開業以来、各施設やご自宅への訪問歯科診療を行っており、一般医科や地域との連携を強化した歯科診療を行っております。
篠田院長は、東久留米の地で開業させて頂く前は、東京女子医科大学病院にて放射線治療、がん治療に長く携わっていたことから、「がんに関わる歯科医療」は、まさにピッタリの内容でした。

講演会場は、桐生市にあります桐生地域地場産業振興センター。司会に桐生厚生総合病院の副院長兼放射線科部長の高橋満弘先生、第一部では「口腔ケア 当院での取り組み」を桐生厚生総合病院歯科・歯科口腔外科部長の今井正之先生、第二部として「がんに関わる歯科医療」を院長の篠田が務めさせて頂きました。

今回で22回目を迎える市民講座は、毎回市民にとって関心の高いテーマで且つ親しみやすい内容が好評となり、長く続いているようです。
その一旦を、今回お手伝いさせて頂いたことは、私どものような少し特殊な歯科医院からすると、とても遣り甲斐のある有難いことでございます。

今後も、むし歯と歯周病の治癒を目指すだけではなく、全身疾患や身体の健康を踏まえ、地域と連携した新しい歯科医療の形を模索していきたいと考えています。

疾患や事情があってなかなか歯科医院にいけない方、医科歯科連携が必要な患者さんなどなど、お気軽に診療所に問い合わせくださいませ。











左から桐生厚生総合病院 桑島院長、篠田、今井口腔外科部長、高橋副院長